フヨダス

自分の勉強と記憶力改善のために、興味あることを書いていきます なるべく分かりやすく

言い争いを解決する方法を学ぶ方法

 

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

 

 私は会話することが苦手です。中学生の時くらいからなんだか友達に比べて自分は会話が上手くないな、と感じでした。

 

だいたい会話っていうのは生物全体でみたらめちゃくちゃ高度な技術だと常々思うんですよ。

何千、何万という単語を暗記して、それを喉を震わせて再現させて言葉を発して、発された言葉を耳で聞いて、自分の中の暗記した単語と頭の中で照合して意味を理解して、それをしながらまた話す。

よくこんな能力を獲得したなと人類を尊敬する。脳味噌どうなってんだろう。コミュニケーション手段としては、生物界の怪物クラス。

もう私が少し会話苦手でも、生物界的にはそんな気にすることない。誤差レベル。そうやって、広すぎる視野でもって自分を励ましています。

 

 

そんなすごいコミュニケーションですが、私がいつもその能力について考えるのは家族との争いです。

実家にいると、家族の言い争いに巻き込まれることが多いです。

テレビのリモコンがないとか、ゴキブリがでたとか、週3くらいで些細な争いがあります。昔からありました。昔はもっと酷かった。

 

 大学に入って、カウンセリング理論っていう教職用の講義を昔受けて感動を覚えました。会話で人の怒った気持ちとかを軽くすることができるのかとか。それから何冊かカウンセリングの本とか会話の本とか、読むようになりました。

それで昔よりは家にいて、家族の怒りが爆発してもなんか対処できるし余裕ができました。

 

今回の本もそのうちの一つです。先週買ったやつですけど。面白いです。海外の本でちょっと翻訳が硬い感じですけど。

 

生まれつき話がうまい人とかは、上手くやっていけるんでしょうけど、苦手意識があったり、いつも会話が言い争いに発展してしまって嫌な人とかは、いい本が沢山流通してるので、「カウンセリング」とか「会話」とか検索して買って読んでみるといいと思います。