フヨダス

自分の勉強と記憶力改善のために、興味あることを書いていきます なるべく分かりやすく

二ホンミツバチの採蜜

9月になったので半年かけて育った二ホンミツバチの採蜜を行いました。

初めて行ったのですが、意外とサクサクできました。

 

断面ドン!

f:id:gajumaru7:20180912225925j:plain

 

おー、良いですね。蜜がしっかり詰まってる。

 

備忘録的に順番にやり方を説明してきます。

 

元々はこの重箱に入っていました。

f:id:gajumaru7:20180912230311j:plain

 

重箱のガムテープの封を取り払って、天板のビスをインパクトで外しました。

 

内蓋のスリットから蜂がちょろちょろ出てきていますね。

f:id:gajumaru7:20180912230540j:plain

f:id:gajumaru7:20180912230715j:plain

 

刃を通すと沢山蜂が死にそうなので、メリメリっと力づくで内蓋を開けました。オラ!

f:id:gajumaru7:20180912230750j:plain

 

内蓋撤去。(この後、今までの天井2重蓋式から、天井すのこ式に変えました。ネットでよくおすすめされてる方式)

あまり貯蜜が少ないときに採るのは良くなさそうなので、見た感じぎっしり貯蜜されてて安心。怯えている優しい蜂たち。

f:id:gajumaru7:20180912231015j:plain

 

作業するのに危険なので蜜蜂に退避してもらいました。使用したのはAmazonで2000円で買った冷風のみのバッテリタイプドライヤー。超便利。しかしこのドライヤー、すぐ調子悪くなりました。有線の物の方が動作が安定すると思います。

上から風をかけることで蜂が下に移動します。

f:id:gajumaru7:20180912231441j:plain

 

次に台所にあったパン切り包丁を持ってきて、上から1段目と2段目を切り離しました。

最初だけバールのようなもので隙間を開けて、それからパン切り包丁でサクサク切っていきます。

f:id:gajumaru7:20180912231925j:plain

 

サクサク

 

f:id:gajumaru7:20180912232322j:plain

 

そして切断ドン!

f:id:gajumaru7:20180912232427j:plain

 

Amazonで買ったでかいタッパーに重箱ごと入れます。

垂れ蜜をとります。(垂れる蜜のこと)

蜜が垂れたとき、箱の外側の汚れた部分が蜜に直接触れないように、底に100均で買った食器乾燥トレー?を置きます。垂れた蜜がトレーにもあんまり付かないように、底部は肉抜きして接地面積を減らしています。見えないところで私は微妙な工夫しているんだね。

 

刃についた蜜を巣門の前に置くと即蜂が舐めに来ます。

 

f:id:gajumaru7:20180912233103j:plain

 

巣に刃をサーっと入れて、蜜が垂れるのを待ちます。蜂を全部取り払うのが大変でした。

密閉させて一晩。

 

f:id:gajumaru7:20180912233418j:plain

 

垂れた蜜や、絞った蜜をAmazonで買った蜜濾し器にかけて、Amazonで買ったエコペールという生ごみ処理用の密閉容器にいれました(未使用なので綺麗です、洗浄もしました)。これは便利で密閉できるし、下のバルブから蜜をだせる。(Amazon大好きです)

f:id:gajumaru7:20180912233739j:plain

 

絞った巣は蜜ろうにしました。

 

 

糖度がはじめ77°と低めなので、上の写真のようにキッチンペーパー?と蓋の間にカインズホームセンターで買った除湿材を入れました。水気をとって糖度アップ。一日0.5°ずつくらい上がってます。(糖度計はAmazonで買いました)f:id:gajumaru7:20180913000930j:plain

糖度が79度未満だと、徐々に発酵してしまうそうです。(久志富士男氏の著書より)

味が変わって蜜ではなくなってしまうらしい。

除湿材を使うか、砂糖混ぜるか、加熱して水気を飛ばすか、たぶん色々方法はあるのですが、

はちみつの風味を損なわないように除湿材作戦でいきました。

 

以上が、初めての二ホンミツバチの採蜜でした。

たべてみた味は、今まで食べたことないはちみつの味でした。甜茶を濃くして、シソの風味をやや入れたような不思議な感じ。

神奈川県の割と住宅地よりな地域なのですが、しっかりと蜜が採れるんですね。驚き。

採蜜にあたって何匹か蜂が犠牲になってしまうのが、少し心苦しいところ。まあ、虫だから。しょうがないよ。家賃の請求だと思ってほしい。

 

ネットで調べてて今回の採蜜の改善点は、

・もっと早朝に行った方が良い。

朝の方が、ミツバチもハチミツ使い初めて間もないので良い品質の蜜が取れるらしい

・垂れ蜜と絞り蜜は分けてもよい

今回は垂れ蜜と絞り蜜を一緒の容器に入れたので違いを楽しめなかった

 

でもまあだいたい成功だと思いました。

 

 

言い争いを解決する方法を学ぶ方法

 

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

 

 私は会話することが苦手です。中学生の時くらいからなんだか友達に比べて自分は会話が上手くないな、と感じでした。

 

だいたい会話っていうのは生物全体でみたらめちゃくちゃ高度な技術だと常々思うんですよ。

何千、何万という単語を暗記して、それを喉を震わせて再現させて言葉を発して、発された言葉を耳で聞いて、自分の中の暗記した単語と頭の中で照合して意味を理解して、それをしながらまた話す。

よくこんな能力を獲得したなと人類を尊敬する。脳味噌どうなってんだろう。コミュニケーション手段としては、生物界の怪物クラス。

もう私が少し会話苦手でも、生物界的にはそんな気にすることない。誤差レベル。そうやって、広すぎる視野でもって自分を励ましています。

 

 

そんなすごいコミュニケーションですが、私がいつもその能力について考えるのは家族との争いです。

実家にいると、家族の言い争いに巻き込まれることが多いです。

テレビのリモコンがないとか、ゴキブリがでたとか、週3くらいで些細な争いがあります。昔からありました。昔はもっと酷かった。

 

 大学に入って、カウンセリング理論っていう教職用の講義を昔受けて感動を覚えました。会話で人の怒った気持ちとかを軽くすることができるのかとか。それから何冊かカウンセリングの本とか会話の本とか、読むようになりました。

それで昔よりは家にいて、家族の怒りが爆発してもなんか対処できるし余裕ができました。

 

今回の本もそのうちの一つです。先週買ったやつですけど。面白いです。海外の本でちょっと翻訳が硬い感じですけど。

 

生まれつき話がうまい人とかは、上手くやっていけるんでしょうけど、苦手意識があったり、いつも会話が言い争いに発展してしまって嫌な人とかは、いい本が沢山流通してるので、「カウンセリング」とか「会話」とか検索して買って読んでみるといいと思います。

 

 

今日来たミツバチ


f:id:gajumaru7:20180626170735j:image

 

初のセイヨウミツバチが岐阜の方から届きました。養蜂家さんがとても丁寧で安心して取引ができました。

 

セイヨウミツバチはニホンミツバチに比べて攻撃的だと聞いていたので、内心びびってましたが、そんなにびびる必要なかったです。

やさしい。

 

丁寧に扱っていこうと思います。

 

 

二ホンミツバチの巣の中


巣箱の中 【ニホンミツバチ】

 

明日には西洋ミツバチが岐阜から届くので、「新しい蜜蜂の飼い方」という、養蜂の本を

買っておいた。

養蜂ツールは中国のサイトで買ったやつが今週末届く。

糖度計、ワイヤレスヘアドライヤー、はちみつ容器、色々道具がそろってきた。

 

あと必要なのは、スズメバチ防止のネットと、遠心分離機だろうか。

道具を揃えるのは楽しい。

不必要なものまで買わないように気を付けないと。

 

ミツバチ誘因蘭


f:id:gajumaru7:20180509152611j:image

 

 金陵辺(キンリョウヘン)という、ニホンミツバチを誘引する蘭の鉢かえをしたらビックリ。

 

ポットから苦労して抜き出したら、もう根がギッシリ!

 

やばいね。

 

このキンリョウヘンの花で一ヶ月くらいミツバチが来てくれてたんだけど、巣を作ってれなかった。

残念(>_<)

 


f:id:gajumaru7:20180509153100j:image

 

来年かしら。